ABOUT US 特長│マニフレックスとSDGs

マニフレックスとSDGs

SDGs

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも積極的に取り組まれています。
マニフレックスのコンセプト、製品特長は、このSDGsの活動に積極的に貢献できるものであり、この事を多くの方に知っていただきたいと考えています。
・SDGsの詳しい情報はこちらからご確認下さい。 >>外務省HP

世界を変えるための17の目標

健康と地球環境に配慮した優れた芯材フォーム<エリオセル®>

マニフレックスの芯材フォーム<エリオセル®>は、独自の技術により、水を基に生成しているので、その製造過程において、また最終的な廃棄の際にも、大気、水、土壌への汚染物を出しません。人の健康と地球環境に全く悪影響を与えない優れたプロダクトです。
また、マニフレックスは、マットレスで最大15年、まくらにも3年という、寝具としては稀な長期保証を設けています。
「製品ライフサイクル」が非常に長く、長期に渡って使用することが出来る為、廃棄・処分の頻度を抑えることが可能です。
地球上のすべての人は眠ります。眠る時には絶対に必要な「 寝具」だからこそ、1人でも多くの方に、健康に直結する正しく優れた品質と、地球環境を壊さずに持続していくことが可能な製品を、選び、使っていただく必要があると考えています。

目標12:つくる責任 つかう責任 持続可能な生産と消費

最終処分に行き詰まるプラスチックを使用していません

2019年6月に大阪で行われたG20 先進国首脳会議の大きな議題の柱となったのが、「海洋プラスチック問題」です。
現代生活に便利で不可欠なビニール袋やペットボトル、ストローなどが、使い終わった後にプラスチックごみとして世界各国、特に発展途上国に輸出され、その先で不当な形で捨てられています。その量は年間で3憶トン、その内の800~1200万トンは、海洋へ流れ出て、中・大型の海洋生物がそのままの形で飲み込み、生態系に大きな影響が出ている他、波や太陽の紫外線により細かく砕かれ、数ミリサイズの「マイクロプラスチック」となって、小さな魚貝の体内に入り、それが長い食物連鎖の果てで人間の口に運ばれる際のリスク、危険性についても非常に問題視されています。

ところが、寝具業界においては今なお一般的な枕の芯材として、特に使う人に合わせてその中身を調合する「オーダー枕」サービスでは、プラスチックパイプ=ストローが主原料として広く使われている他、糸状のプラスチック繊維を固めた「高弾性素材」を使用した敷寝具も、沢山流通しています。
海の豊かさを守るためにも、プラスチック素材不使用の製品を選ぶことが大切です。

■目標14:海の豊かさを守ろう 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

リサイクルの困難な金属製のスプリングを使用しません

マニフレックスをはじめ、金属製スプリングを使っていない<ノン・スプリング>のマットレスが主流になって久しいですが、依然として<スプリングマットレス>は大型家具チェーン店を中心に大量に精算され、販売されています。電化製品はメーカーに最終的な引取り義務がありますが、マットレスメーカーにはその義務が課せられていません。それ故に生産の効率性を重視した最終的な廃棄が困難な製品が多く流通し、消費者が自身の責任でスプリングマットレスを処分しなくてはいけない現状があります。


スプリングマットレスの環境に配慮した処分とは、本体を解体して、スプリングなどの金属部は「資源ゴミ」として、側地は「可燃ゴミ」として、分けて処理する方法です。
自身で行う場合には、高価なワイヤーカッターと呼ばれる専用工具等が必要な上に、スプリング部やそれを取り囲むワイヤーの切断面は非常に細くて鋭利な為、作業には危険が伴います。また、そのスプリングの数はシングルサイズでも約400個以上、切り離すのには大変な労力を要します。
廃品業者に引き取らせる場合には、高額な処理費用が生じる上にその処分方法が不透明な業者も多く、きちんとした処理工程を踏まえずにそのまま不法投棄され、社会問題化しています。
自治体による引き取りは、受け取りを断るケースが増えています。中には受け付けている自治体もありますが、その場合には、前述の困難な作業を、自治体の職員や委託業者が行います。それに伴う費用は税金から捻出され、自治体全体でその処分費用を負担しているのです。


スプリングマットレスを購入の際には、上記のような内容を詳しく説明されることはありません。購入者はマットレスを処分する段になって、初めてその事に気付くのです。

■目標15:陸の豊かさも守ろう 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地の劣化の阻止、および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

コンパクトでクリーンな真空ロールアップ製法

真空ロールアップ製法

マニフレックスが1986年に独自開発したのが『真空ロールアップ製法』、マットレスを圧縮しクルクルとロール状に丸める事で、その体積を1/8にまで小さくすることに成功しました。これも高反発性と優れた復元性・耐久性を持った芯材フォーム<エリオセル®>だからこそ実現したのです。


この革新的な技術によって、コンパクトサイズでの運搬・輸送が可能になり、海上・陸上輸送時の温室効果ガスの排出量を大幅に削減することが出来ました。
また、お客様宅での運搬・設置の手間を減らすとともに、イタリアから真空状態で届くので、雑菌や埃などが混入する心配もなく、とてもクリーンで清潔です。

目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
目標13:気候変動に具体的な対策を

19.06.21 朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞 全国版朝刊 掲載

朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞 全国版朝刊 掲載

19.06 店頭配布用「SDGs ご案内チラシ」

店頭配布用「SDGs  ご案内チラシ」

19.09.01 朝日新聞 折り込みタブロイド判(SDGs特集)「GLOBE」掲載

朝日新聞 折り込みタブロイド判(SDGs特集)「GLOBE」

19.09.12 朝日新聞朝刊 掲載

朝日新聞、日本経済新聞、読売新聞 全国版朝刊 掲載
このページのトップへ