RUGBY issue│神戸製鋼コベルコスティーラーズ 林真太郎選手

神戸製鋼コベルコスティーラーズ 林真太郎選手

 神戸製鋼コベルコスティーラーズのセンター(CTB)、林真太郎選手は、学生時代はキレのある走りとアタックを持ち味に活躍し、コベルコスティーラーズ入団後も世界レベルの同僚たちと切磋琢磨しながら躍動している。将来の代表入りも目指してラグビー人生に邁進する林選手の今を支えているのは、学生時代に出会った指揮官の静かな一言だった。

「まだまだやった」覚悟を決めた指揮官の一言

 中学からラグビーを始め、高校時代から本格的にラグビーの面白さに魅了された林選手。高校1、2年と試合に出られない苦しい時期にディフェンスなどのスキルを徹底的に鍛え上げ、レギュラーを獲得。3年生での活躍を自信に、憧れのあった同志社大へと進学した。

 進学後は、高校ラグビーとのレベルの違いに面食らいながらも、持ち味を発揮。早くからチームの主力として活躍していた。
 活躍が代表首脳陣の目にもとまり、U20日本代表に選抜される。そこで林選手は、もがいていた。指揮を執っていたのは沢木敬介ヘッドコーチ。現在はサントリーサンゴリアスを率いている。精鋭ぞろいの代表メンバーに求める水準は高く、林選手は「体力的にしんどくて、周りのレベルに追いついていない自覚があった」と振り返る。
 心身ともに疲労を極めていた合宿の最中、沢木ヘッドコーチは集まっていた選手たちに、静かにつぶやいた。
「ここに呼ばれたからには、ラグビーに人生を捧げろよ」と。
 林選手は雷に打たれたような衝撃を受けた。大学ラグビーの世界で活躍することに精一杯だった当時。自らの覚悟が足りなかったことを強く意識し、大学を出たその先にあるラグビー人生に思いを馳せた。
 「まだまだやったんやな」。
 林選手の心に火がついた。

「世界」を感じながら、ラグビー人生を邁進

神戸製鋼コベルコスティーラーズ 林真太郎選手 02

 U20代表を経験後、漠然とした憧れだったトップリーグを具体的な目標として見定めるようになった林選手。持ち前の瞬発力の高さとアタック、キレのあるランニングに磨きをかけていった。試合でも大活躍し、トップリーグ関係者からも注目を集める存在となる。そして、神戸製鋼コベルコスティーラーズから声が掛かった。

 有名選手も多く顔を揃えるコベルコスティーラーズでは、チーム内での厳しい競争が待ち構えていた。U20時代は周囲のレベルの高さに気後れすることもあった林選手だが「世界レベルの選手と一緒に練習できるのは、成長のまたとないチャンス。勉強することがいっぱいあって」と、この環境をポジティブに捉えている。特に、今季加入したラグビー界のレジェンド、ダン・カーター選手には並ならぬ刺激を受けており「中学の頃から憧れていたスーパースターに今『おはようございまーす』って挨拶している。人生何が起こるか分かりませんね」と、興奮しながら、世界の技から学び吸収する日々だ。
 1年目は3試合、2年目は10試合に出場。「アタックは十分通用する。上に行く力はある」と、成長を実感しながら着実に前に進んでいる。

 ラグビーとの出会いは、同志社香里中で人工芝のグラウンドの美しさに魅せられたことがきっかけだった。あの日からボールを追ってがむしゃらに走り、もがき、悩みながらも自らを磨き続け、高みを目指してきた。そして、U20代表合宿で沢木ヘッドコーチが呟いた一言で、ラグビーに対する覚悟が変わり、ラグビー人生の展望が一気に開けた。
 そして今。入団3年目の今季は怪我の影響もあって我慢の時だが、世界レベルのチームメートたちと切磋琢磨しながら、チームの日本一のために力を尽くす。もちろん、将来の代表入りも見据えている。「自分の持てるものをどれだけ出せるか、チャンスをどれだけ見つけられるか」。楕円のボールに人生を捧げた先にどのような景色が見えるのか、林選手の奮闘は続いていく。

日本一の座へチーム一丸:神戸製鋼コベルコスティーラーズ

神戸製鋼コベルコスティーラーズ 林真太郎選手 03

 1928年の創部以来、日本ラグビー界を長きに渡って牽引し、数々の名選手を輩出。1988年から1994年にかけてのV7をはじめ、ラグビーファンの記憶に残る数々の軌跡を残してきたコベルコスティーラーズは、伝統に誇りを持つからこそ、長らく遠のいている「日本一」の座に懸ける思いは格別のものがある。神戸製鋼は阪神淡路大震災以来、神戸という街とともに歩んできた。成績だけではなく、地域とのつながりやファンサービスなど、あらゆる面で「日本一」のチームでありたいという情熱も選手やスタッフに共有されている。
 今季はダン・カーター選手の加入を筆頭に選手層はより厚みを増している。一方で、個の力に頼るのではなく、全員でコミュニケーションを大切にし、チーム全員がベストの力を発揮できるよう日々の練習で確かめているという。チームの団結をこれまで以上に高め、再び栄光を掴む瞬間に向けて突き進んでいる。

サントリーサンゴリアスの紹介

 コベルコスティーラーズとともに日本ラグビー界をリードする存在となっているサントリーサンゴリアス。林選手は「グラウンドをとにかく広く使ってアタックしてくる点で手強い。サントリーとの試合はぜひ出たいと、意識するところはある」と語り「誰もが認める実力あるチーム。良いライバル関係を築いていければ!」とメッセージを送った。

BACK 一覧へ戻る
このページのトップへ