一流ホテルが選んだ寝具
USER INTERVIEW / TOSHIHIKO YAMADA

「亀屋」として避暑地・軽井沢で創業。亀屋から数えて253年、現在の西洋式ホテルとなってから123年、世界中の錚々たるゲストから愛されてきた日本を代表するクラシックホテルが万平ホテルである。このホテルの顔として長きに渡り総支配人を務めるのが山田さんだ。いつなん時でも、礼儀正しく、清潔で、そしていつでも笑顔を絶やさぬその人柄は多くのゲストから愛される、正真正銘のミスタージェントルに他ならない。


大事にしている3つの『B』

万平ホテルでは3つの『B』を大切にしています。1日の快適な活力となる『Breakfast』、1日の疲れを癒す『Bath』、そして安らかな気持ちで翌日を迎えるための『Bed』です。睡眠は今日の疲れを癒し、明日への活力と繋がります。万平ホテルにとって、気持ちの良い睡眠をお客様へ提供するため、中でも『Bed』はとても重要な存在です。

全社員が納得をした上での採用

マニフレックスの導入にあたり、まず社員全員が実際に家庭で使いその寝心地を試してみる所からスタートしました。社員の家族も含め延べ100名以上の現場スタッフが皆、その寝心地に納得をした上でホテルへの導入を決めさせてもらいました。

万平ホテルの顔でもあります「アルプス館*1」13部屋、すべての客室と、3棟あるコテージすべての部屋にマニフレックスのマットレスを導入させていただいております。

自然体で眠れるマットレス*2

万平ホテルの為だけに特別に製作していただいたオリジナルのマットレス『万平モデル』は空や雲の上にいるような、まるで宙に浮いている感じの自然体で眠れるところが気に入っています。お客様から「どこのマットレスですか?」 とお尋ねされることが増え、とても嬉しく思っています。

首に優しい枕

従来のモノを見直し、マニフレックスのベストセラー『ピロー・グランデ』を採用させていただきました。まるで枕をしている感覚じゃないんです、とても首に優しいんです。安心して気持ち良く眠れる大きなサイズの枕は、きっと癖になってしまうと思いますよ。

エキストラベッド*3の名作誕生

従来はあまり良いイメージが無かったエキストラベッドですが、これまでのイメージを覆す、折りたたみ式のフォールディングベッドをマニフレックスさんと共に製作いたしました。とても素晴らしく仕上がったので、機会があれば是非ともお試していただきたいです。

もちろん自宅でも愛用しています

怪我をした事もあり、身体には特に気を遣っているのですが……、従来自宅で使用していたマットレスでは朝、腰が痛くて目を覚ますことが多かったんです。でもマニフレックスのマットレスに変えてからは、それがほとんど無くなりました。イタリア製って凄いですよね、笑。
ショールームで色々と試させていただいて、自宅では自分に一番合った『モデル トリノ』を使わせてもらっています。それと三つ折り式の『メッシュ・ウイング』も置いてあります。誰か来た時なんかに、とても便利なんですよ。もちろん寝心地も素晴らしいです。

「トラディショナル」&「プログレス」

日本とイタリアは国交150周年を迎え、万平ホテルも西洋式ホテルとなってから123年を迎えました。イタリアと日本。そしてマニフレックスと万平ホテルは「伝統」と「進化」というキーワードで繋がっていますよね。

日中の「仕事をしている時間」と、「睡眠時間」は医食同源のようにバランスが取れてないといけないと思うんです。昼間いい仕事をしたいとか、楽しく過ごしたいと思うなら、それには快適な睡眠が必要なのではないでしょうか。だからこそ質の良い寝具が必要であり、それはまさにマニフレックスの事だと思っております。

*1 アルプス館
万平ホテルの本館ともいうべきメインの建物。「アルプスだけは特別なんです。お客様や町の方からカタチを変えないで欲しい、とよく言われます。元々はホテルの周りの木々もなく、この場所から正面に、北アルプスが見えたことによりこの名が付きました。ひとつの説では養蚕の屋敷と、スイスのシャレー風のイメージを合わせてデザインされたそうです。」

*2 万平モデルのマットレス
ベースとなっているのは不朽のロングセラーモデルである『フラッグ・FX』。エリオセルの配分を変えることで、より豊かな寝心地が味わえるように改良したスペシャルモデル。

*3 万平モデルのエキストラベッド
ウッドを存分に使う事により、ホテルユースにも最適な優雅なデザインに仕上げた折り畳み式のフォールディングベッド。ウッドスプリングを採用することで、寝心地的にも通常のベッドにひけをとらないクオリティに仕上がっている。

あなたにとって「睡眠」とは?

“癒すこと”をいうのではないでしょうか。

山田 敏彦 さん

万平ホテル総支配人山田 敏彦 さん

いくつかのホテル勤務を経て1989年、万平ホテルに入社。「ホテルは人なり、サービスは人なり」をモットーに、総支配人として活躍。また軽井沢観光協会の副会長をはじめ、約10もの要職を兼任するなど、軽井沢との関りも深い。「ホテルが自分を育ててくれました」と、山田さん談。 平均睡眠時間:6時間

FAVORITE PRODUCT 使用商品

このページのトップへ